8月4日 (金)  大人の思い出

倉津社長の会社(倉津設備設計/佐賀市)に訪問しました。月に一度位はお邪魔しています。社長はお忙しくなかなかお会いすることができませんが、奥様といろんなお話をさせていただいております。
さて、写真をご覧下さい。事務所の中にフォルクスワーゲンがドンと位置しています。社長の愛車だったこのフォルクスワーゲンは、倉津社長の年輪の一部でしょう。たしか大戦を挟んでポルシェ博士が開発した車で紆余曲折の中、量産されたと聞いています。私自身、この車には縁がなかった訳ではありません。実際に自家用車として所持することはありませんでしたが、ビートルとしての生産がドイツで打ち切りになって、スタンダードのビートルがメキシコで生産されていますが、そのメキシコの販売会社のB社長が来日された時に、九州でのビジネスの世話をしたのが私でした。お互い日本語とスペイン語が母国語の上、英語での会話でしたので苦労した思い出があります。しかし、嬉野温泉に泊まって肥前夢街道で忍者ショーを見せた時には、B社長は感激していました。
さてさて、倉津設備設計の倉津社長に話題を戻したいと思います。元々技術畑を一直線に進んでこられた倉津社長は建築士として、またアイデアマンとしてその実力を発揮しておられます。仕事面での実績もすばらしい実績を多数お持ちですが、数年前に「落ちないポケット」を考案し、特許まで取得されています。これは胸ポケットに入れた物(携帯電話/名刺入等)が下を向いたり、飛び跳ねたりした時に名前の通り、落ちないのです。私のように夏場は上着は着用せず、半袖のシャツを多用する者にとっては重宝しています。
また奥様も多様なお方で、当社もたいへんお世話になっております。

写真:左 事務所内にあるフォルクスワーゲン
写真:中 ミニチュアも、数百店あるでしょう。
写真:右 「落ちないポケット」はこうして使います。詳しくは、http://www.ochinai-pocket.com/をご覧下さい。

20060804-1.jpg 20060804-2.jpg 20060804-3.jpg